(ビソプロロール)ビソノテープ®~錠剤との同等量は?切ってもいいの?~

ビソプロロール

症状:過量投与により、徐脈、完全房室ブロック、心不全、低血圧、気管支痙攣等が現れることがある。 徐脈、房室ブロック 1度 のある患者[心刺激伝導系を抑制し、症状を悪化させる恐れがある]。 なお、年齢、症状により適宜増減するが、最高投与量は1日1回5mgを超えない。

ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「JG」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ビソプロロール

過度の徐脈は起こしにくいと感じる。

ビソプロロールフマル酸塩錠2.5mg「日医工」

ビソプロロール

• 5 mg 錠 Unichem 情報シート2 ビソプロロール メインテートジェネリック , Biselect, 10mg 錠 Intas 製造業者情報 ビソプロロール メインテートジェネリック , Biselect, 10mg 錠 Intas 包装 ビソプロロール メインテートジェネリック , Biselect, 10mg 錠 Intas 包装裏面 ビセレクト Biselect, ビソプロロール 5mg 錠 包装 ビセレクト Biselect, ビソプロロール 5mg 錠 包装裏面 ビセレクト Biselect, ビソプロロール 5mg 錠 箱 ビセレクト Biselect, ビソプロロール 5mg 錠 ビセレクト Biselect, ビソプロロール 5mg 錠 箱記載情報 ビソプロロール メインテートジェネリック , Biselect, 10 mg 錠 Intas ビソプロロール メインテートジェネリック , Corbis, 2. なお、肝機能、腎機能、血液像等に注意すること。 〕 8. 今の人生に後悔はないけれど、もしもあの時にあの道を選んでいたらどうなっていたんだろう?そんな事を考えさせられる素敵な映画でした。 適用部位障害 1〜5%未満 (適用部位)皮膚炎、紅斑 19. 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人。

ビソプロロールフマル酸塩錠2.5mg「日医工」の基本情報(薬効分類・副作用・添付文書など)|日経メディカル処方薬事典

ビソプロロール

5mg「日医工」/ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「日医工」 日医工株式会社 データ無し ビソプロロールフマル酸塩錠0. 高齢者 65歳〜 ビソプロロールフマル酸塩錠5mg「サワイ」の注意が必要な飲み合わせ 薬剤名 影響 交感神経遮断剤 過剰の交感神経抑制作用<徐脈・血圧低下等> レセルピン 過剰の交感神経抑制作用<徐脈・血圧低下等> 血糖降下剤 血糖降下作用が増強、低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク インスリン製剤 血糖降下作用が増強、低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク トルブタミド 血糖降下作用が増強、低血糖症状<頻脈・発汗等>をマスク カルシウム拮抗剤 徐脈、房室ブロック、洞房ブロック ベラパミル 徐脈、房室ブロック、洞房ブロック ジルチアゼム 徐脈、房室ブロック、洞房ブロック ジギタリス剤 徐脈、房室ブロック ジゴキシン 徐脈、房室ブロック メチルジゴキシン 徐脈、房室ブロック クロニジン塩酸塩 投与中止後のリバウンド現象<急激な血圧上昇>が増強 グアナベンズ酢酸塩 投与中止後のリバウンド現象<急激な血圧上昇>が増強 クラス1抗不整脈剤 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> リン酸ジソピラミド 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> プロカインアミド塩酸塩 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> アジマリン 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> 3群不整脈用剤 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> アミオダロン塩酸塩 過度の心機能抑制<徐脈・低血圧等> 非ステロイド系抗炎症剤 本剤の降圧作用が減弱 インドメタシン製剤 本剤の降圧作用が減弱 降圧作用を有する薬剤 降圧作用が増強 血圧降下剤 降圧作用が増強 硝酸剤 降圧作用が増強 フィンゴリモド塩酸塩 重度の徐脈、心ブロック. 副作用 副作用等発現状況の概要 本態性高血圧症、狭心症、心室性期外収縮 臨床試験 承認時まで : 総症例数969例中、副作用が報告されたのは99例 10. 重大な副作用 心不全、完全房室ブロック、高度徐脈、洞不全症候群(いずれも頻度不明)があらわれることがあるので、心機能検査を定期的に行い、このような副作用が発現した場合には減量又は投与を中止するなどの適切な処置を行うこと。

16

ビソプロロール

ビソプロロール

4.手術前48時間は投与しないことが望ましい。 慢性心不全の場合 1 慢性心不全患者に投与する場合には、 必ず1日1回0. 心臓に対して陰性変力作用(心収縮力の減弱と心拍数低下)を持ち、心血流低下作用を有するが、心不全患者で亢進している交感神経やレニンアンギオテンシン系の活動性を抑えるため、心虚血発作()の予防・治療にも使用できる。

3

メインテート(ビソプロロール)のハイリスク加算

ビソプロロール

強心薬を静脈内投与する必要のある心不全• [「薬物動態」の項参照] 一般的名称: ; 効能又は効果 ・ 軽症〜中等症 ・ ・ 心室性 ・ 次の状態で、アンジオテンシン変換酵素阻害薬又はアンジオテンシンII受容体拮抗薬、利尿薬、ジギタリス製剤等の基礎治療を受けている患者 又は拡張型に基づく ・ <参考> 関連する疾病: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , 用法及び用量 1. 高度の徐脈 著しい洞性徐脈 、房室ブロック II、III度 、洞房ブロック、洞不全症候群のある患者• なお、肝機能、腎機能、血液像等に注意する。 クロニジンを中止する場合は、あらかじめ本剤の投与中止等適切な処置を行う。 薬剤名等 Ca拮抗剤 ベラパミル塩酸塩、ジルチアゼム塩酸塩等 臨床症状・措置方法 徐脈、房室ブロック、洞房ブロック等があらわれることがある。

12