鶏口となるも、牛後となるなかれ・鶏口牛後

後 鶏口 牛

やはり、頼るのであれば大きくて安心出来るものの方がいいですよね。 すべてを漢字表記すると「鶏頭と為るも牛尾と為る無かれ」となります。 。

20

【鶏口となるも牛後となるなかれ】の意味と使い方の例文(語源由来・類義語・英語訳)

後 鶏口 牛

また「鶏口牛後」を「鶏頭牛尾」とするのはよくある誤記なので注意しましょう。

鶏口となるも、牛後となるなかれ・鶏口牛後

後 鶏口 牛

働き方がフレキシブルになると、その分家族との時間や趣味へ投資することができ、人生そのものが豊かになります。

8

鶏口となるも、牛後となるなかれ・鶏口牛後

後 鶏口 牛

韓 (かん)の国へ行き、宣恵王 (せんけいおう)に、韓は強国で、王は賢者なのだから、西の強国秦 (しん)に屈従していてはならない。 」 「 寧 むし ろ 鶏 けい 口 こう と 為 な るとも、 牛 ぎゅう 後 ご と 為 な ること 無 な かれ。 力を合わせて西に進めば、秦を必ず破れるでしょう。

12

鶏口牛後:意味・原文・書き下し文・注釈

後 鶏口 牛

〕 訳文 (戦国 (せんごく)時代、蘇秦 (そしん)は各国をまわって、それぞれの国が同盟すべきだという政策を説いた。

1

「鶏口牛後」の意味と読み方、語源由来、使い方、類語、対義語を例文つきで解説

後 鶏口 牛

「牛後」=牛の尻の意味から転じて、大きな団体に従って使われる者のたとえ。 ( 鶏 ( にわとり )の頭《小国の王》となっても、 牛の尻《大国の家臣》にはなるな。

『鶏口牛後』原文・書き下し文・現代語訳

後 鶏口 牛

小さく脆いものでは、頼った際に共倒れになってしまうことがあります。 「後ろ」とは「尻」のことです。 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の類語 鯛の尾より鰯の頭 「鯛の尾より鰯の頭」の読み方は「 たいのおよりいわしのかしら」です。

12