「手を染める」「足を洗う」の意味・由来

手 まとい 意味 足

「まとい」実は、 もともとは「まとう(纏う)」なんです。 「はじめる」という意味で、現代でも「書き初め・お食い初め」などのことばに残っています。

1

「足がかり」の意味とは?類語「手がかり」との違いや例文も解説

手 まとい 意味 足

相手が不愉快な思いをしても気が付かなかったり、してほしいと望んでいることが把握できずに無視してしまったり。

1

手 まとい 意味 足

もちろん、シニア社員の中には謙虚な人も大勢いるし、そんな高齢社員を気遣い戦力として温かく迎え入れてくれる企業も数多くある。

18

「足」「脚」「肢」

手 まとい 意味 足

「足洗い」とは、修行をした僧侶が裸足で外を歩いた後、泥で汚れた足を洗って建物に入ることを意味する。 「足手まとい」の語源や由来 「足手まとい」の語源や由来は、 「足手纏い」という漢字表記から考えることができます。 いずれも、「何か物事をはじめるきっかけを見つける」「それを土台にして何かを始める」などといった意味合いになります。

8

弟子の足を洗う

手 まとい 意味 足

例文1:足が地に着かないような、非現実的な意見ばかり出していたら、この会議は永遠に終わらないぞ。 例文1:料理の仕事をしているので、本屋に入ると料理本コーナーに足が向く。

「足手まとい」とは?意味や言い換え!例文と解釈

手 まとい 意味 足

これはイエスのなされることをそのまま受け取ることがなければ、今後なんのかかわりもないという意味です。

8