【図解】ワクチンが女性の生殖器を攻撃する様子をイメージしてみた|元子|note

カタストロフ アース

「インドもメキシコも、ワクチンをやめてイベルメクチンだけにすればいいのに」とも思いますが、それにしても、インドとメキシコは今は苦境をほぼ脱したようで、これで両国とも、 ワクチン接種さえやめれば、いち早くパンデミックからの脱却をとげることになりそうです。

20

[定期]アメリカの6月18日までのワクチン接種後の有害事象報告数は 38万7087件、死亡例は 6113件に。12歳から17歳の有害事象報告が 7千件を超える

カタストロフ アース

そこにスパイクタンパクが現れる。 6,7月にかけて仕事帰りに両国橋を渡る頃、きれいな夕焼けを見られる機会が多かったです。

16

繧「繝シ繧ケ繧ォ繧ソ繧ケ繝医Ο繝 — 縺薙l縺セ縺ァ縺ィ縲√◎縺励※縲√%繧後°繧峨�蝨ー逅�→遘√◆縺。

カタストロフ アース

日本にしても、状況次第では台湾のような惨状になる可能性も否定し切れません。 ・12歳から17歳のアナフィラキシー事例報告 1,164件 () 前回は 974件 ・12歳から17歳の心臓障害の事例報告 171件 () 前回は 109件 ・12歳から17歳の血液凝固障害の事例報告 28件 () 前回は 24件 ・12歳から17歳の「死亡」事例報告 6件 () 前回は 7件 この 12歳から17歳の「死亡事例」については、前回が 7件だったのに対して、今回は 6件と、 累積データですのに「減っている」という不思議なことが起きています。

始まったはずの太陽活動「サイクル25」は進行せずに止まったまま。その中で地球を襲う寒波地獄

カタストロフ アース

分解されにくいってことは、少なくとも短期間ではない。 mRNAワクチンによって体内につくられたスパイクタンパク質は、亜鉛分子を含む酵素2(ACE2)に結合する。

9

インドの首都で「イベルメクチン大規模投与開始」1ヵ月後に感染数が「92%減少」という驚異的な結果。メキシコでも同様の結果に

カタストロフ アース

。 太陽極小期の条件がいまだに継続している。

17

9/5この夏、世界中に広がっている「紫色の夕暮れ」を作り出しているのは巨大な噴火の火山ガスだった(Copyright© 地球の記録

カタストロフ アース

いまいちイメージか掴めないので図に表してみる。 1つのワクチンの接種で、ALSもプリオン病も引き起こす可能性がある、とは。 死ぬまでスパイクタンパクに体を攻撃され続けると言われても、最近の悲劇的なツイートを見てれば不思議はないだろう。

17

9/5この夏、世界中に広がっている「紫色の夕暮れ」を作り出しているのは巨大な噴火の火山ガスだった(Copyright© 地球の記録

カタストロフ アース

これだけ生殖器が攻撃されたら、妊娠しようがない。 メキシコシティの場合、「検査会場でイベルメクチンを無料配布した」ということですが、著しい効果だったようです。