装備庁の高速滑空弾開発、25年度には部隊配備へ

弾 高速 滑空

尖閣列島に上陸した敵の戦車、装甲車を破壊するには目標物が小さ過ぎる。 また、HGVは、弾道ミサイルとは異なり、弾道軌道を飛行せず、低高度を極超音速で飛行し、目的地に向かう途中で機動することができる。

アバンガルド (極超音速滑空体)

弾 高速 滑空

これは本格的な巡航ミサイルだと言えます。

軍事ブロガーが高速滑空弾について誤った理解: 夢閑人倶楽部

弾 高速 滑空

南西諸島防衛の際、地上からも対応できる体制を整えたい考えで、空母の甲板も貫ける新型弾頭の装着を見据える。 わが国の極超音速ミサイル防衛システムの構築が急がれる。 わが国の極超音速ミサイル防衛システムの構築が急がれる。

16

軍事ブロガーが高速滑空弾について誤った理解: 夢閑人倶楽部

弾 高速 滑空

高速滑空弾 出典 防衛省 「高速滑空弾」は、垂直に発射されロケットモーターで超音速まで加速し、高度数十kmの高高度で滑空弾を分離しマッハ5以上で着弾する。 ミサイルを戦闘機で撃破する場合、少なくとも戦闘機の射撃用火器管制(FCS)レーダーがアクティブ・フェーズド・アレイ(AESA )レーダーであることが必要である。

11

離島防衛用「高速滑空弾」 対空母も検討 防衛省、速度や射程向上へ

弾 高速 滑空

本稿は、各国の極超音速兵器の研究開発の状況および米国の極超音速ミサイル防衛システムの構想を紹介し、わが国の極超音速ミサイル防衛システム構築の資とすることを目的とする。

4

自衛隊が開発研究する新兵器「高速滑空弾」とは? 沖縄・尖閣守るには大げさ、本当の狙いは… (1/2ページ)

弾 高速 滑空

予想図からブースター部分は多連装ロケット発射機用のロケット弾とそっくりでGLSDBに近いように見えますが、しかし滑空型弾頭の部分は翼が見当たらず、ブーストグライド兵器のグライダー弾頭の方に非常によく似ています。 2011年8月に2度目の飛行テストが行われたが9分後の滑空中に通信が再び途絶えた。 (3)中国 ア.全般 中国の軍事専門家は、中国が極超音速技術の開発を優先する最も重要な理由は、米国の地域ミサイル防衛システムなどの洗練された米国の軍事技術からもたらされる脅威に対抗するためであるとしている。

17

自衛隊の新兵器「島嶼防衛用高速滑空弾」とは(JSF)

弾 高速 滑空

超音速で、地上から高高度まで上昇し、その後、弾頭が切り離される。 しかし、空自は早期警戒管制機AWACSを4機保有機しており、かろうじて、航空優勢を維持できいる。 2023年までに飛行テストの予定である。

17

音速の20倍時代に突入、極超音速兵器開発の全貌 米国とロシア、中国が実用化目前、日本は何をすべきか(1/12)

弾 高速 滑空

米国の情報機関によると2020年までに実戦配備されると見込まれている。 続けて、弾道ミサイルは大量破壊兵器を運搬可能であることから、世界的な制限が存在すると指摘する一方、高速滑空弾は弾道ミサイルのような制限を受けないと主張。

4